【必見】2019年 ゴルフ新ルール 知っておきたい変更点!




【必見】2019年 ゴルフ新ルール 知っておきたい変更点!

皆様、ご無沙汰しております。ブログの更新をサボっておりました(´-ω-`)
いよいよ明日から、新元号「令和」ですね( *´艸`)

皆さんのゴルフライフでも、新たな目標を立てている人も多いのではないでしょうか!
(・・・令和では、ブログライフもコンスタントに更新する事も、目標に追加したいと思います(;・∀・)笑)

私は、平成のうちに90切りならず・・・
なので、令和の目標はもちろん”90切り”です(*^^)v

スコアアップにも繋がる(とゆーか、繋げたい(笑))「2019年 ゴルフ新ルール 知っておきたい変更点!」
をご紹介いたします♪

1.カップの旗竿は抜かなくてもOK!

この変更点は、知っている方も多いと思います。

旧ルールでは、グリーンオンしてからのパッティングは、旗竿を抜いて行う必要がありました。
しかし、新ルールではグリーンオンしてからのパッティングでも、旗竿を抜くか抜かないかはプレーヤーの自由!

旗竿に当たって、カップインした場合でも無罰でホールアウトが認められます。

・・・これって、嬉しくないですか?

旗竿に当たってカップインしても良いってことは、下り傾斜が残った場合、今までより強気に行けますよね(*”ω”*)

また、某番組で旗竿にボールが当たった場合のカップイン率を検証していましたが、結構強めに当たった場合でも、
正面からであれば、旗竿に弾かれることなく、ほぼ100%カップインしていました!
・・・とはいえ、強さに限度はありますので、あくまでも自己責任でお願いいたします(笑)

2.グリーン上のスパイクマーク等の損傷個所を直してもOK!

旧ルールでは、グリーン上の損傷個所の修復はボールマークのみ認められていました。

新ルールでは、ボールマークに限らずスパイクマーク等の損傷個所の修復も認められるようになりました♪

「このパットが入れば、バーディ!」
「これがパットが決まれば、パーセーブ!」
「このパットを外すと、100が切れない・・・」

「うぉ・・・(;゚Д゚)カップ手前の、普段は気にしないスパイクマークが気になってしょうがない」

って経験、ありませんか?
私は、結構あるんです・・・

個人的には、スパイクマークが修復できるのは、とても嬉しい変更点です(・∀・)

3.救済時のドロップは、膝の高さからでOK!

この変更点も有名なので、知っている方は多いと思います。

旧ルールでは、救済時にドロップする場合、肩の高さからドロップする必要がありました。
傾斜にドロップする場合など、なかなかボールが止まらず苦労された経験のある方も多いのではないでしょうか。

新ルールでは、膝の高さからのドロップが認められました(^^)/

そのため、以前よりはドロップ位置も狙ったところに落とすことができるようになりプレーヤーには有利になりましたね♪

4.救済エリアの計測クラブはドライバーの1択!

旧ルールでは、救済エリアを測定するクラブは、ラウンドに持ち込んでいるクラブなら、どれを使用してもOKでした。
そのため、私は、その場所から次使用するクラブで救済エリアを測定していました。

ところが、新ルールでは、そのラウンドに持ち込んでいるクラブの中で、パターを除く一番長いクラブで救済エリアを測定する事となっています。
救済は2打目以降となるのため、カートに取りに行くのが面倒な気はします・・・(;・∀・)
改正ルールの根底には、プレー時間の短縮を目的としているはずなのですが・・・(笑)

ただし、救済エリアが広がるのは、結果的にプレー時間の短縮になるのかもしれませんね(・・・って事にしておきます(汗))



5.安全が確保できれば、準備ができた人から打ってOK!

旧ルールでは、原則としてカップに一番遠い人から打つこととなっていました。

新ルールでは、「安全が確保できれば、準備ができた人から打って良い」ことになりました。

・・・が、しかし、私は推奨いたしません(。-`ω-)

いくら安全が確保できたと思い込んでいても、万万が一、人に当たってケガさせてしまったり、最悪の場合、死亡させてしまうケースだってあり得ます。

できれば、旧ルール通り一番遠い人から行った方が良いと、個人的には思ってしまいます。
少々脱線しますが、当然、ゴルファー保険にも加入はしておいた方が良いです。

⇒ ゴルファー保険の必要性に関する記事はこちら

6.2点間の距離であれば、距離測定器の使用してもOK!

旧ルールでは、距離測定器の使用は認められていませんでした。

新ルールでは、2点間の距離であれば、距離測定器の使用が認められます。
競技ゴルフに参加される方にとっては、多少有利になったのかもしれませんね!

・・・って、私は競技ゴルフに参加するどころか、エンジョイゴルファーなので、以前から距離測定器(腕時計型GPS)を使用していますので、個人的にはあまりメリットはないです(笑)

私は、目測が苦手なので、この距離測定器は手放せません(/ω\)

⇒ 距離測定器に関するオススメ記事はこちら

7.バンカー内のアンプレヤブルは、2打罰でバンカー外に出しOK!

旧ルールでは、バンカー内のアンプレヤブルは、バンカー内の別の場所に1打罰でドロップする事となっていました。

新ルールでは、バンカー内のアンプレヤブルは、2打罰でボールとカップを結ぶ線上で、バンカー外の後方に基点を決めて、そこから1クラブレングス以内でカップに近づかない救済エリアにドロップする事が認められました。

前のホールや、直近のラウンドで、、バンカーイップスになってしまっている時って、結構ありますよね。

この救済を享受することで、スコアアップのみならず精神衛生上も良いと思います(*^^)v
もう、バンカーなんて怖くない(笑)

8.バンカー内の小石などは移動してもOK!

旧ルールでは、バンカー内の小石など(ルースインペディメント)は、取り除くことができず、そのままプレーするしかありませんでした。

新ルールでは、バンカー内の小石などを手で動かしても良い事になりました♪

私は、上手く打てるかどうか以前に、クラブに傷が付くことの方が心配でしたが、この心配がなくなったのは、大きな変更点です(*ノωノ)



9.ボールが地面に食い込んだ場合の救済あり!

旧ルールでは、ボールが地面に食い込んだ場合、フェアウェイでのみ無罰で救済を受けることができました。

新ルールでは、さらに拡張され、ジェネラルエリア内(コース内のすべてのハザード を除いた コース内のすべての場所)で、無罰での救済が認められました(*^-^*)

「”地面に食い込んでいる”とは、ボールが土に触れていても触れていなくても、ボールの一部が地表面以下にあることを指す。」そうです・・・。

10.ボールの捜索時に、ボールを偶然動かしてしまっても無罰!

旧ルールでは、ボールの捜索中であっても、ボールを動かしてしまった場合、原則として1打罰でした。

新ルールでは、捜索中に偶然ボールを動かしてしまった場合であれば、無罰となりました。
そのため、小枝や葉っぱの中も、ビクビクせず、大胆にゴルフクラブ等で捜索できるようになりました♪

11.ボールの捜索時間は3分以内!

旧ルールでは、ボールの捜索時間は5分以内でロストとされていました。

新ルールでは、少し厳しくなって3分以内に見つからなければロスト扱いとなります(;゚Д゚)

その代わり、捜索中にボールを動かしても無罰となったのかもしれません。。。

ロストが嫌な場合、思い切って大胆に探しましょう(; ・`д・´)笑

12.40秒以内のストロークを推奨

旧ルールでは、特にストロークの時間に制限は設けていませんでした。

新ルールでは、40秒以内のストロークを推奨しています(推奨のため、罰則はありません。)。

要するに、自分の番がきたら、速やかに打ってくれ!って事ですね( *´艸`)

たま~に、前の組で素振りを5回も6回もやってる人いますよね?
やりたくなる気持ちも分かりますが、「プレー時間の短縮にご協力ください。」って事ですね♪

 

【まとめ】ゴルフ 新ルール 知っておきたい変更点

1.カップの竿旗は抜かなくてもOK!

2.グリーン上のスパイクマーク等の損傷個所を直してもOK!

3.救済時のドロップは、膝の高さからでOK!

4.救済エリアの計測クラブはドライバーの1択!

5.安全が確保できれば、準備ができた人から打ってOK!

6.2点間の距離であれば、距離測定器の使用してもOK!

7.バンカー内のアンプレヤブルは、2打罰でバンカー外に出しOK!

8.バンカー内の小石などは移動してもOK!

9.ボールが地面に食い込んだ場合、無罰で救済OK!

10.ボールの捜索時に、ボールを偶然動かしてしまっても無罰!

11.ボールの捜索時間は3分以内!

12.40秒以内のストロークを推奨

 

上記以外にも、細かい変更点はありますが、知っておきたい変更点をご紹介いたしました(*^^)v

それでは、皆さん、良い「令和」をお迎え下さい(/・ω・)/

【この記事を読んだ人へのおすすめ記事】

【厳選10選】ゴルフで役立つ!あると便利なゴルフグッズランキング

セルフプレーの強い味方 距離測定器(レーザー計測器、GPS計測器)

ゴルファー保険に入ってますか?



The following two tabs change content below.
へたくそゴルフマニア

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪