雨の日のゴルフ対策(当日の持ち物・前日までの準備 編)




雨の日のゴルフ対策(当日の持ち物・前日までの準備 編)

明日は楽しみなゴルフ♪

天気予報をチェックすると、残念ながら雨予報(;・∀・)ガーン

でも、キャンセルになるほどの大雨って訳でもないし・・・

って事、ありますよね(笑)

そこで、今回は、「雨の日のゴルフ対策」を記事にしてみました(・ω・)

当日の持ち物

レインウェア(必須)

まず、第一に考えなきゃならないのは、レインウェアです!

レインウェアがないと、びしょ濡れになってしまいゴルフになりません(;´・ω・)

ゴルフ場のカートには、傘が備え付けられていますので、“気にならない程度の雨”の場合には、打つとき以外は傘で対応することも可能ですが、レインウェアが着ている方が、断然楽ちんです!

個人的には、天気予報で発表されている降水量~0.1mmまでであれば傘で対応できますが、0.2mm以上になってしまうと、レインウェアを着ていない厳しい気がします(。-`ω-)

また、レインウェアはナイロン素材で作られている事が多いため、夏場には暑いですが、袖部分が脱着できるタイプが多いので、夏場は袖部分を外して半袖のレインウェアとして使用できます!

上のレインウェアの袖を外して、半袖にしてみると、こんな感じです。

私が使用しているレインウェアは比較的安価なタイプですが、プロ仕様のタイプになると雨の侵入率も極めて低く大雨でも問題なくプレーできるようです(私の場合、大雨だとラウンドしませんので、このタイプで十分ですが・・・)。

また、プロ仕様のタイプは、デザイン性も良くチェック柄や水玉柄などオシャレなタイプもあります♪

レインキャップ(必須ではないが、個人的には一番おすすめ)

レインウェアは持っているけど、レインキャップは持ってないって方は比較的多いと思います。

私も以前は、雨が降っていない時に使用しているゴルフキャップに防水スプレーをかけて、だましだまし使用していました。。。

でも、やっぱり防水スプレーだけでは通常のキャップだと、濡れるんですよね・・・

髪をつたった雨が顔にもかかるので、ゴルフに集中ができないわ、キャップ・頭・顔を頻繁にタオルで拭かなきゃならないわで、すごく煩わしい思いをしていました(; ・`д・´)

そこで、レインキャップを使用してみたら、

・・・なんで今まで使わなかったんだろう
・・・使い心地、めっちゃええやん(´゚д゚`)

というのが、正直な感想です。

これは、私が使用しているゴルフ用のレインキャップです。
デザイン性も悪くないですよね( *´艸`)

「ホワイト×オレンジ(薄い色)」と「ネイビー×イエロー(濃い色)」の2色を持っていて、ゴルフウェアに合わせて使い分けています。

ちなみに、傘で対応できるぐらいの雨(~0.1mm)の場合は、レインキャップがあると傘の出番はあまりありません!

雨用グローブ(必須ではないが、あると便利)

雨の日のゴルフって、ゴルフクラブを振るときに、思っているよりグリップが滑るんですよね。
それによって、いつものスイングをしているはずが、ゴルフボールに上手く当たらなかったり、当たり負けをしてしまったりで、納得のいく球が打てない事もしばしば・・・

そんなとき、雨用グローブがあると滑りにくく設計されているため、当たり負け等に効果的です。
また、手に汗をかきやすい方は、雨の日以外でも効果があります!

替えのゴルフウェア(必須ではないが、あると便利)

レインウェアを着て、レインキャップをかぶり、雨用のグローブで準備万端(*ノωノ)

とは言っても、強い雨などの場合には、雨の侵入を防ぎきれないケースもあります。

そんな時のために、前半ハーフが終わったタイミングで濡れていないウェアに着替えられるように、予備のゴルフウェア一式を念のため持参していくと、なお良しです!

濡れたまま、ランチを食べたり、午後のハーフに向かうのって、あまり気分が良いものではないですよね(汗)
(せっかく楽しいゴルフに来ているのに、濡れたままランチを食べたが故に体調を崩してしまったら元も子もないですし・・・)

多めのタオル(必須)

「言わなくてもタオルぐらい持ってくわ (゚д゚)!」

って言われてしまいそうですが、結構な雨が降っているときには、1~2枚だと足りません。
思いの他、タオルの出番が多いです。。。

「レインウェア」「レインキャップ」と言っても、防水ではありますが、濡れたままよりカートに乗って時間ができた時には、タオルで拭いた方が撥水性も長持ちします

雨用グローブをしていても、ショットする前にグリップを拭いてから握った方が格段に滑りにくいです。

上記のように、タオルの出番はかなり多くなりますので、できれば4枚(前半後半それぞれ2枚)くらいは用意しておいた方が良いと思います!


前日までの準備

前日までに準備しておきたいのは、やはりラウンドの際に使用する物に防水スプレーを吹きかけておく事!
これに尽きると思います(*^^)v

私が、雨予報のラウンドの際、前日までに防水スプレーを吹きかけるのは下記のアイテムになります。

《 防水スプレーを吹きかけるアイテム 》

【①レインウェア】
「レインウェアはそもそも撥水性があるのでは?」と思われがちですが、雨の侵入を少しでも防止するためにも、防水スプレーを吹きかける事をお勧めします。

【②レインキャップ】
キャップもレインウェアと同様、雨の侵入を少しでも防止するために、防水スプレーを吹きかける事をお勧めします。

【③ゴルフシューズ】
空から降ってくる雨を防ぐという事だけでなく、雨の日のゴルフでは芝が濡れていたり、水たまりができていたりします。そのため、ゴルフシューズには必ず防水スプレーを吹きかけましょう!

足元が、ぐちゃぐちゃになるとテンションも下がりますよね(;´Д`)

ただ、ゴルフシューズで注意したいのが、ソール部分(裏)には防水スプレーをかけない事です。
ソール部分(裏)に防水効果が出てしまうと、滑りやすくなってしまいます(´-ω-`)
その点だけ、ご注意ください。

【④キャディバック】
お気に入りのキャディバックが濡れるのも嫌ですし、ラウンドが終わった後、クラブの掃除はしたにも関わらず、キャディバックがびしょ濡れのまま保管すると、クラブのサビの原因にもなりかねません(;´・ω・)

また、防水スプレーには、「撥水効果」以外にも「防汚効果」があるため、大切なキャディバックが汚れにくくなり長持ちするのも嬉しいですね(´▽`)

ちなみに、私は、ゴルフバックやゴルフシューズを買ってまずやることは防水スプレーを吹きかける事です!
汚れにくくなるため、雨予報がない場合でも定期的に、吹きかけています(*^-^*)

あとは、天気予報が晴れに変わるのを祈って、寝るだけです(笑)

 

以上が、雨の日のゴルフ対策(当日の持ち物・前日までの準備 編)でした!

雨の日でも、楽しくゴルフができるように、万全の準備をして当日を迎えましょう(^^♪

【この記事を読んだ人へのおすすめ記事】

おすすめのインドアゴルフスクール 4選

【目指せ100切り】もう100なんて、打たないで。

 

The following two tabs change content below.
へたくそゴルフマニア

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪