ユピテル スイングトレーナー(飛距離計測 ヘッドスピード測定)




ユピテル スイングトレーナー(飛距離計測 ヘッドスピード測定)

自分の”ヘッドスピード”や、”番手ごとの距離”ちゃんと知っていますか(; ・`д・´)?

私は、っくり”知っている程度です。
私と同じように、”ざっくり”知ってるという人が、大半だとおもいます(´-ω-`)

でも、実際コースをまわっている時、「あれ?全然ショートしちゃってる・・・」とか「思ったより飛びすぎて、グリーンオーバーしちゃった・・・」って事、よくありますよね(;・∀・)

当然、”ダフり気味”や”ハーフトップ”などスイングの良し悪し、あるいはラフに入っていて思ったよりゴルフボールが浮いていてフライヤーになってしまう事など、自分で思っている飛距離と乖離した結果になる事はあります。

ところが、フェアウェイで絶好のポジションにあるにもかかわらず、不思議とショートやオーバーが出てしまう事がありますよね(´゚д゚`)?

同じ番手を使っていても、ヘッドスピードやミート率によって、飛距離が変わります。
アドレナリンってやつの影響でしょうか(笑)

とは言え、番手ごとの距離のバッファ(幅)やアベレージ(平均距離)を分かっていれば大きなアドバンテージになりますよね(*´ω`*)

私は現在、(クラブを買い替えた事もあり)自分の番手ごとの距離が不明確で、実際のラウンドの際かなり悩んでいます。
さらに、自分のヘッドスピードやミート率ってどれくらいかも知りたかったので・・・

・・・新しい遊び道具、買っちゃいました(/・ω・)/

【スイングトレーナー GST-5W(ユピテル)】です。

実際に、ボールを打つ際に、①計測したい番手を選び、②ボール後ろ1m~1,5メートルの位置に設置して、③後は打つだけで、

・ヘッドスピード
・ボールスピード
・飛距離
・ミート率

を瞬時に計測してくれる優れものです( *´艸`)

複数回、同じ番手で打つと、番手ごとの平均値も出してくれます!
この平均値が出るので、上記の問題はクリアされます(*’ω’*)

私は、この”スイングトレーナー”を購入する際に、専用の設置器具(角度調整ブラケット)も併せて購入しました。

組み立ててみるとこんな感じ、

この、角度調整ブラケットは角度が調整できるだけでなく、直置きではなく計測器が浮いた状態になります。
練習場の場合、接地面が打席より低くなっていることが多いと思いますが、問題なく計測できます!

スイングトレーナーを購入する際、やはり口コミが気になって、見てみました。

数としては少ないですが、「ちゃんと測れない」とか、「反応するときと、しない時がある」等のマイナス評価の口コミもあったため、多少ためらいましたが、良い口コミの方が多かったため、購入を決意!

その際に、「専用の角度調整ブラケットをつけたら、問題なく作動するようになりました!」という口コミも発見したため、同時購入することに・・・

商品が届いて、早速、練習場へ行って試してみましたが、全く問題なく作動しました(^^♪



しかも、これ、面白いんですよ(*´▽`*)

今まで、打った感触で、「今のは、上手くいった!」とか「今のは、イマイチだな~。。。」といった、感覚がすべてでしたが、それが”見える化”するので、練習にも気合が入ります(笑)

ただ、練習場で貸し出されるゴルフボールは、コースボールではなくレンジボールなので、実際より飛ばないボールです。
だいたい10%くらい飛距離が落ちると言われています・・・

なんだよ~、それじゃ実際の距離わからないじゃん・・・( ;∀;)
計測した距離を、毎回110%で計算しなきゃいけないのも、めんどくさい。。。

ってなりますよね。。。(笑)

ご安心ください!100%~150%の設定ができるので、いちいち自分で計算しなくても大丈夫です(・ω・)

それに、専用アプリをダウンロードすると、PCでデータ管理もできます!
(私は、めんどくさいので、PCでのデータ管理は、やらないと思いますが・・・(笑))

自分の、打った球が数値でも分かるため、実際のラウンドのイメージもしやすいです!

まぁ、一番のメリットは、練習場でボールを打つのって単調になりやすいですが、スイングトレーナーがあると

「よし!ミート率を意識して、打ってみよう!」とか「ヘッドスピードが上がるように振ってみよう!」といった、今までと一味違った練習ができるので楽しいですよ(*´з`)

まだ、1回しか使用してませんが、「新しいおもちゃを与えられた子供」のように、時間を忘れて練習してしまいました(笑)

同じようなスイング測定器で有名な”スカイトラック”があります。
”スカイトラック”の方が、スイングの精度や情報量については商品優位性はあると思いますが、機材自体が大きく持ち運びに向いてないということと、何より価格が20万円~30万円位するので、私には手が出ませんでした。

このスイングトレーナーは、スマホとあまり変わらないサイズのため、気軽に持ち歩けます。
また、スペックにもよりますが、私が購入したモデルであれば、1万円~1万5000円程度で購入できます(*^^)v
(今回、私が購入したスイングトレーナーは、”GST-5W”というモデルですが、スペック上位商品等もありますので、興味があれ検索してみてください!)

私のように、「番手ごとの、飛距離の平均値を知りたい!」、「自分のヘッドスピードって、どれくらいなんだろ?」という人は、スイングトレーナーのような測定器を使用してみてはいかがでしょうか(*‘ω‘ *)

【この記事を読んだ人へのおすすめ記事】

セルフプレーの強い味方 距離測定器(レーザー計測器、GPS計測器)

 

The following two tabs change content below.
へたくそゴルフマニア

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪