【ゴルフの悩み 撲滅シリーズ】第1弾 3パット撲滅 グリーン攻略(距離感・芝目)




【ゴルフの悩み 撲滅シリーズ】第1弾 3パット撲滅 グリーン攻略(距離感・芝目)

「今日は、ティーショットもアプローチも悪くない!」
「ただ、パッティングが安定しない。。。」

3パット、4パットでスコアはガタガタ・・・(;´Д`)

って事、ありますよね。

そんなとき、「ドライバーも1打、パターも1打」ってパターの大切さを痛感させられるんですよね。。。

そこで、今回はグリーン上で大切な、距離感・芝目について書いてみようと思います(・ω・)

本番前の練習グリーンで距離感を掴もう

パターで最も重要なのが、距離間ですよね。

ラウンド当日に、本番前にパット練習を行って、その日のグリーンのコンディションを確認する人は多いと思います。

パッティングの練習をする際、ゴルフボールを2~3球使って同じようなところからピンに向かって打ちますよね。

1球目がショートした場合、
「今の距離感だと弱いから、次はもう少し強く打とう!」

とか

1球目がオーバーした場合、
「今の距離感だと強すぎたから、次はもう少し弱めに打ってみよう。」

また、傾斜の練習も同様で、曲がりすぎると「次は曲がりを少なく打とう」等、何度かやり直しをして距離や曲がりを合わせますが、本番ではパターの打ち直しなんて許されません(; ・`д・´)

同じところから、2~3球打たずに、1球ずつ打つ場所を変えて距離感を確かめるようにしましょう。
1球だけにすれば、練習とは言え、ある程度集中してパッティングするようになるので、距離感も掴みやすい(忘れにくい)です!

練習グリーンでのオススメ練習方法

1.長めの距離からスタート。

2.「1」で入らない場合は、残った距離をカップインするまで打つ。

3.中距離のパッティング(入れごろ外しごろ)から打つ。

4.「3」で入らない場合は、残った距離をカップインするまで打つ。

5.1m以内の距離を数回打つ。



芝目を把握しよう

数ホール回っていて、グリーンの速さが分かっている中で、思った力の強さで打てたはずななのに、

「上り傾斜なのに、思ったより転がりオーバー」してしまう事や、
「下り傾斜なのに、思ったより転がらずショート」しまう事があると思います。

これは、芝目が強く影響しています。

芝目は見る際、「順目は、白っぽく見える」「逆目は、黒っぽく見える」って良く聞きますが、芝の状態や天候(曇り)では判断が難しく、グリーン上が日陰になってしまっていると全く分かりません(;・∀・)

・・・と言うより、芝目を見るなんてアマチュアゴルファーで、そこまで気にしている人は少ないと思います(私も傾斜を読むだけで精一杯です・・・)。。。

そこで、1つの参考になるポイントがありますので、ご紹介したいと思います。

“スプリンクラーの位置を探す”
という事です(^^♪

これは私も、「目から鱗」だったんですが、下記のような傾向にあるようです。

1.スプリンクラーは高い位置に設置してある事が多い。

グリーン全体に散水するために、スプリンクラーは高い位置に設置します。
スプリンクラーは1つのグリーンに対して、複数(2~3カ所)設置してあることが多いです。

2.表面排水の流れによって芝目ができる。

芝目は、スプリンクラーや雨水等の水の流れに沿ってできるため、スプリンクラーに向かって逆目(スプリンクラーを背にして順目)になりやすい傾向にあります。
スプリンクラーの設置位置と傾斜を見て、芝目を把握すると精度が高くなります。

まとめ

と、ご紹介しましたが、私も3パット4パット叩くときもあります(´-ω-`)笑

ただ、上記にも記載しましたが芝目の読み方については、この情報は、本当に「目から鱗でした」

キャディ付プレーの場合は、キャディさんに聞いていましたが、セルフプレーの時は芝目が分からず、大きく外す事が多かったです。
今でも、強すぎたり弱すぎたりありますが、以前よりは減った気がします・・・

【「パッティングはセンス」派】の人と、【「パッティングは日々の鍛錬」派】の人がいますが、私は最自宅でパッティング練習をサボり気味の癖に【「パッティングは日々の鍛錬」派】です(笑)

ただ、上記派閥はどちらも、フラット時の距離感や方向性(引掛け)の事を指すみたいです。

そのため、今回の記事の一部で紹介した「芝目の把握」はどちらの派閥の人にも参考にしていただけると思います。

芝目を把握して、3パット撲滅しましょう(*^^)v
(私も頑張ります・・・)

【この記事を読んだ人へのおすすめ記事】

【ゴルフの悩み 撲滅シリーズ】第2弾 スライス撲滅 6つの処方箋

【ゴルフの悩み 撲滅シリーズ】第3弾 シャンク撲滅(原因・解決方法)

【ゴルフの悩み 撲滅シリーズ】第4弾 チーピン撲滅(原因・解決方法)

パターの選び方~あなたはピンタイプ?マレットタイプ?ネオマレットタイプ?



The following two tabs change content below.
へたくそゴルフマニア

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

へたくそゴルフマニア

年代:30代 出身地:東京都  会社の付き合いでゴルフを始める。 初めて参加した会社のコンペで”168”の大叩きをかまし、悔しい(恥ずかしい)思いをするもゴルフの楽しさに魅了されました(;´・ω・)  3年ほど経った今でも、決して上手ではありませんが、ゴルフ愛は相当なものです(*‘ω‘ *) そんな「へたくそゴルフマニア」のゴルフライフを発信していきます♪